正しい距離で見えていますか?

小さな文字が正しい距離で見えていますか? 使っている老眼鏡は合っていますか?

眼は、裸眼であっても眼鏡矯正眼であっても、遠方視力が1.0や1.2のように良好であれば、近方視力も適正に矯正すると良好な視力が得られます。
老眼鏡だけ作る場合でも、遠方の視力をきちんと矯正した度数をもとにして近用眼鏡は出来上がります。そして、年齢が上がると度も進みますが、遠方の度数が変わると近用眼鏡の度も変わります。

基本的には、適正に合わせてある老眼鏡というのは、眼から33cmの距離でピントが合い、度数が曖昧になってくると45cmや50cmのところでピントが合うようになります。眼鏡を作った当初は細かい文字も近い距離で見えていたが、だんだんピントの合う距離が遠くなった経験は、皆様あると思います。
 

※名刺の文字を参考にしてみました。大文字が名刺の「名前と同じくらい」、小文字が「住所や電話番号、Eメールアドレスと同じくらい」です。
画像をクリック後、
 
「パソコンの場合」  現在使っている老眼鏡を掛けて画面の小文字に近づき、ピントが合う距離を確認して下さい。
 
「タブレット等の場合」  現在使っている老眼鏡を掛けて画面の小文字が良く見える距離を確認して下さい。
 
「いつも裸眼の場合」  遠くが良く見えている人で、近くが見にくくなってきていませんか?例えば、小さな文字を50cm離してピントが合う場合、30cm位でピントが合うように20cm戻す分の度数が必要です。
 

DSC_0040
小さな文字が30cmのところで読めますか?



 

DSC_0040
近点30cmのボーダーラインは基本


 
 

身の回りには、細かい文字がたくさん

ルーペ等を使わなくても、きちんと見える様に合わせた度であれば、これらの小さな文字もきちんと見えます。

DSC_0040
目薬の使用期限


DSC_0040
目薬の名称


DSC_0040
洗剤の説明書き


DSC_0040
インスタント類の説明書き


DSC_0040
ポイントカード


DSC_0040
眼科の近見視力表の小さい字


 
 

視力は、ひとつのバロメーターであるとお考え下さい。

眼科へ行くと、眼が腫れていたりメヤニが多かったりする以外、どこの眼科でも視力検査を行います。眼鏡を使っている患者さんであればその眼鏡の見え方もチェックし、40歳以上であれば近見視力も調べます。少々お時間がかかってしまい、ご不満に思うかもしれませんが、これは非常に大切な診察前の事前検査であります。

眼科の先生は、患者さんが訴える症状に対して「屈折異常」「角膜等の状態」「眼球運動」「眼底」のように眼球全体を調べ、最終的な診断を決定します。まず視力はどうか? 遠視・近視・乱視・老視 これらを矯正して視力が良好かどうか。または、矯正しても視力が上がらない場合はその原因は何か。眼球のどこにも異常がなく、単に眼鏡の度が正しくないのが原因であれば眼鏡処方もします。

眼鏡をできるだけ正しい見え方にしておく事で、目の中で異常が起きた場合も比較的早く見え方がおかしい事に気付きます。