乱視軸度による違和感

 

乱視の加齢変化

年齢と共に、乱視は直乱視から倒乱視へと変化していく傾向にあります。若年者は、180°(水平)方向の乱視が多く、年齢が上がるにつれて90°(垂直)方向へ乱視軸度が変化していく比率が多くなってきます。
ですが、乱視軸度を変化させた事によって起こる眼鏡装用の不具合の例もあります。

 

30代後半男性の例

平成23年度作製の度数 
sph-2.25D cyl-0.75D AX180°  
sph-0.75D cyl-0.75D AX180°   

平成27年度作製の度数
sph-1.50D cyl-1.50D AX10°
sph-0.00D cyl-1.50D AX170°

デスクワークも多いので近視の度(sph)を下げ、乱視数値も増えてきた為、乱視の度(cyl)をアップ。乱視軸度(AX°)も倒乱視化の傾向があり、軸度も修正。

 
 

数日後、違和感あり。

スマホの画面が・・なんとなく斜めに見えるような・・
レンズの斜め方向から、何かが入ってきてるような感じがするのですが・・
との事。

 
 

度数変更

sph-2.00D cyl-1.00D AX180°
sph-0.50D cyl-1.00D AX180°

乱視の度数を弱めて、軸度を水平(180°)に戻しました。若干見え方が悪くなる分、近視度数を左右の差1.50を保ちながらUP。

 
 

視力を0.9程度に抑えているので地面が斜めに見えるというような事はないようですが、もっと視力をUPさせた場合、本来の「右眼AX10°」「左眼AX170°」のままでは、地面の両サイドが下がって中央が盛り上がって見える事もあります。例として(右眼AX140° 左眼40°)等の斜乱視や、片眼がAX30°等の場合は、地面の両サイドが上がって中央がへこんで見えたり、地面の片側が上がってもう片側は下がって見える事もあります。

 

乱視軸度の違和感

DSC_0040
地面中央が上がって見える場合(ハの字型)
DSC_0040
地面中央がへこんで見える場合(Vの字型)
DSC_0040
足元等が斜めに見える場合

■乱視の眼