■コンタクトレンズを装用した状態で掛ける眼鏡 1

<60代男性の例> 日常は遠くよりも室内に焦点を合わせたハードコンタクトレンズ(HCL)を主に装用している強度近視の方です。運転免許の条件が「眼鏡使用」なので、車の運転と、免許更新の為にコンタクトレンズの上からかける不足度数分の眼鏡を作りました。
 
 
 

日常装用しているHCL度数は、
R)-7.50D 
L)-7.25D
視力は右眼0.5 左眼0.5 両眼で0.7がやっと見えます。正確には0.6といえるでしょう。
 
 
 

このHCLを装着した状態で、
R)-1.25D 
L)-1.25D 
の眼鏡を作りました。コンタクトレンズとの度数の合算で、R)-8.75D L)-8.50Dになり、各眼1.0ずつ見えるようになります。この眼鏡は車の運転など、必要に応じてコンタクトレンズを装着した状態でかければ便利ですね。
 
 
 

この方の完全矯正度数(本来の度数)は、近視と直乱視です。
R)-9.50D cyl-1.00D Ax180°
L)-9.25D cyl-1.25D AX180° 

近視以外に乱視(cyl)もあります。コンタクトレンズは乱視用のレンズではありません。従来からあるスタンダードなハードコンタクトレンズです。

 
 
 

ハードコンタクトレンズ(HCL)の特性
 
■ある程度の強さの角膜乱視は矯正できる。一般的に「乱視」と言われている角膜乱視⇒(角膜が綺麗な円形ではない)
 
 


角膜よりも小さいハードコンタクトレンズは、涙液の上に乗っているので、角膜のいびつな部分とレンズとの隙間を涙が埋めてくれます。「ハードは乱視が矯正される!」と言われているのがこのためです。
 
 


■コンタクトレンズを装用した状態で掛ける眼鏡 2