■プリズム加工

New ページ用

いちばん多い「プリズム内方・外方」

DSC_0040
両眼の視線が正しく目標に向かない状態。片眼は正しく目標に向いているが、もう片眼は内側や外側を向いている状態をいいます。内側を向きづらい眼を外斜視、レンズの内側方向を厚くして光を曲げて視線のズレを補正します。内側に向きすぎている眼を内斜視、レンズの外側方向を厚くして光を曲げて視線のズレを補正します。また、遠くの物はちゃんと1つに見えるが近くの物は2つに見える、またはその逆もあって人により異なります。こういった症状は一日の中でも変動することが多く、「これでピッタリ」といったレンズを定めることが非常に難しいと言えます。対象物とズレて見える間隔が大きいほど、1プリズム→2プリズム→3プリズムというように数値も上がります。基本的に医療機関での斜視検査が必要で、眼鏡レンズにて製作が可能なプリズム量にも限界があります。


DSC_0040 DSC_0040
【プリズム Base-in(内方)】
近視のお客様です。近視の矯正に用いるレンズは凹レンズなので、通常は外側が厚くなります。内側に視線を曲げる必要があるため、レンズの形状は通常とは異なります。
【プリズム Base-out(外方)】
遠視のお客様です。遠視の矯正に用いるレンズは凸レンズなので、通常は内側が厚くなります。外側に視線を曲げる必要があるため、レンズの形状は通常とは異なります。
DSC_0040 DSC_0040
【プリズム Base-up/down(上下)】
人の眼は左右別々に動かすことは出来ませんので、上下に物がズレて見える場合のプリズム量は比較的しっかりと合わせることが多いです。右レンズ上部が厚くなっているならば、左レンズは下部が厚くなっています。

■プリズム加工をした眼鏡

【間歇性外斜視(かんけつせいがいしゃし)】
間歇性とは「時々」という意味で、近眼が多い日本人に多くみられる症状です。どちらかの眼が外側に向いてしまうことで、寝起きや、疲れて「ぼーっ」としている時に現れやすいのですが特別心配ないものです。眼科では、この症状がある場合、視力が悪くなっているのに低矯正の眼鏡で常にボヤケた状態を作り出していると眼が外側を向きやすくなるので、眼鏡を少々強めに合わせて眼に緊張感を持たせることで眼位が真っ直ぐになります。

■眼球にとって一番楽な位置の確認と対処(間歇性外斜視)