■不同視(ふどうし) ■不等像視(ふとうぞうし)

New ページ用

不等像に注意する。

DSC_0040
どちらか一方の眼がよく見える。または、どちらか一方の眼がよく見えない状態で、左右の度数の差が2.00D以上ある状態です。原則として眼鏡合わせが基本ですが、両眼共によく見える眼鏡を掛けるのはとても難しく工夫が必要です。

度数の差があるため、レンズを通して入ってくる映像の形や大きさがチグハグとなり、矯正レンズにより脳が左右の像を処理出来ない場合に不等像視という症状が起こります。これは、個人差が大きく左右の度数が大きく離れていても平気な人もいます。眼鏡を掛ける場合、できるだけ左右の度数差を少なくすることが必要です。レンズの光学中心(瞳の前)から離れた部分を見た時に起こる不具合(二重に見えるなど・・)を減らすためです。眼鏡レンズは、眼といっしょに動いてくれませんし、レンズと眼との隙間(頂点間)があるので、映像の拡大や縮小が起こり違和感が出てしまいます。対してコンタクトレンズの利点は、視野も広く不等像などの眼鏡による違和感を軽減できるのでとても有効です。


DSC_0040
【眼の成長期の遠視の左右差に注意!】
小児の遠視性不同視は、弱い遠視の方はピントが合っていても、強い遠視の方はピントが合っていませんので「弱視」になりやすいからです。小児であればかなりの度数の差がある眼鏡も掛けられますので、片眼に強い遠視があってピントが合っていない場合は眼鏡装用が基本です。
視覚の感受性期(眼の成長期)における遠視を眼科医は注意しています。生まれた時は皆が遠視、就学頃に正視となって行く過程での年齢相応以上の遠視を見つけるためです。■遠視(子供)   ■子供の眼
DSC_0040
【度が強い方の眼は、合わせ過ぎない!】
「近視性不同視」は、日本人の学生にも大人にも多くみられます。レンズの度数に2.00D以上の差があると片眼ずつで見た場合、右眼、左眼で物体の大きさが同じになりません。これを両眼で見る事は困難を強いられますので、基本的な眼鏡の合わせ方としては、度が弱い方の眼はきちんと合わせて、度が強い方の眼は「用事が足りる程度」、読書が充分可能である。または、歩行の妨げにならない程度で必要以上に強めないことです。
※度が強い方の眼が優位眼(利き目)となっていることもあります。
DSC_0040
【乱視の数値に差があるこのような場合も不同視です!】
右)(近視度)-3.00D (乱視度)cyl-0.25D(乱視軸)180°
左)(近視度)-3.00D (乱視度)cyl-3.00D(乱視軸)180°
左眼に強い乱視がある。一方の右眼は、ほぼ近視のみ。優位眼(利き目)が左眼であればこちらの眼を良く見えるように合わせます。
DSC_0040
【符号の異なる度数(性質の異なる眼)も不同視です!】
右)+2.00D
左)-1.50D
度数だけを見ると左右同じ様な数字ですが、符合が異なります。マイナスとプラスに分かれたとても左右差のある眼です。右眼が遠視、左眼が近視。眼鏡を合わせる場合、双方の弱点及び利点を考えた合わせ方をすると良いと思います。遠視はピントが合わせづらく疲れやすい眼です。そして近視は近くを見る事に関して非常に優れた眼です。遠視の方はきちんと合わせ、近視の方は強く合わせない様にして左右の度数差を整えることが大事だと思います。


不同視の分類は4つ
近視性不同視
(両眼ともに近視である)
遠視性不同視
(両眼ともに遠視である)
雑性不同視
(両眼の屈折状態の性質が異なる。
一方が近視、一方が遠視など)
乱視性不同視
(片眼の乱視が強い)
順応できるレンズの左右差
小児 3.00D~4.00Dも可能
(順応性が高い)
成人 2.00Dまでが原則(個人差あり)
高齢の場合 1.00Dが理想
不同視に関するページへ
左右差のある目と眼鏡合わせ 初めて普通に歩ける眼鏡との出会い(不同視)
低年齢の順応性(不同視) 近視の進行によって不同視ではなくなる
モノビジョンで合わせる 普通免許と二種免許の眼鏡対策