■遠近両用(累進多焦点)(二重焦点)レンズ

New ページ用

レンズの中はこうなってる。

DSC_0040
上から下へと度数の流れを設け、遠方・中間・近方が一枚のレンズで見ることができる設計を「境い目のない遠近両用(累進多焦点)レンズ」といいます。レンズの上・中・下ではそれぞれ度数が異なるため、一点を見つめて顔を上下に動かすとハッキリしたりハッキリしなかったりします。基本的構造として、レンズの両脇下は見づらくなってしまい、この見づらくなってしまう部分が多いか少ないかの「明視域の違い」でレンズの価値が決まります。


DSC_0040 DSC_0040
【累進多焦点レンズの特徴】
老眼が進行するにつれ、度数も増すのが普通です。累進多焦点レンズは老眼の度数が強くなるにつれて、近方の視野も狭くなるという特徴があります。これについては上記大画像のように遠方の度数が凸レンズであり、近方に向かって度数が加算されていく「遠視眼」の人が特に感じやすく、遠視が強い場合は常に眼鏡を装用するため注意する点です。

遠視の矯正(成人)

スポーツの時は、遠近両用ではなく単焦点眼鏡

ゴルフに適した遠近両用レンズ

【レンズフィッティングについて】
最も多く見られるミスが「近用部の欠け」。天地(上下)が浅いフレームに多く見られる状況です。画像は、遠くを見るポイントを瞳と合わせた場合に、老眼のポイントが半分ほど欠けてしまっています。この状態ですと仮に+4.00Dが正式な老眼の度数だとしたら+3.50Dほどがレンズ内に納まり、残りの+0.50Dは削られて消滅します。眼科の眼鏡処方箋だった場合は処方箋と違う眼鏡になってしまいます。

遠近両用レンズ(累進多焦点)-境目なし- マルチフォーカル 「アイポイントの重要性」
遠近両用(二重焦点)「by focal」レンズ
DSC_0040
累進多焦点との違いは視野の広さと歪みが無いことです。一枚の遠用単焦点レンズの下部に、小さくした近用単焦点レンズをプラスチックレンズの場合は貼り合わせてあり、ガラスレンズの場合は埋め込んであります。近用部分を小玉と言い、小玉幅は25.0mm、28.0mm、45.0mmの3種類。
二重焦点「by focal」レンズについて
遠近両用と近用眼鏡を持つ
DSC_0040
累進多焦点レンズは、正確な老眼の度数が入っている場所から少し外れると違う度数になってしまいますが、単焦点レンズはレンズ一面が同じ度数なのでどこで見ても同じ。読書、大事な書類を書く時などは近用眼鏡を別に持つのが理想的です。
遠近両用と近用眼鏡を持つ