■乱視の眼

New ページ用

乱視眼の見え方

DSC_0040
人間の眼には「角膜」と「水晶体」というレンズの役割を果たしている部分が2カ所あり、「角膜乱視」と「水晶体乱視」という2つの乱視を持っています。通常皆さんが耳にする「乱視」とは、「角膜と水晶体の乱視が合わさったもの」を 指しています。眼鏡で矯正できる乱視を「正乱視」、外傷等による角膜表面が不整な形状で眼鏡で矯正できない乱視を「不正乱視」といいます。

角膜が均一化した形状であれば、光がどの部分を通過しようと同じ位置に焦点を結びますが、縦のカーブと横のカーブの曲がり具合に差があるために、縦を通過した光と横を通過した光が同じ場所で焦点を結びません。


DSC_0040 DSC_0040
【乱視なし】
縦カーブと横カーブの形状が均一化である角膜は焦点も1つ。

【乱視】
きついカーブの方を強主経線、ゆるいカーブの方を弱主経線といい、乱視の検査にて乱視表を見た際には、強主経線の方向が濃く見えて、弱主経線の方向が薄く見えます。
一般に分類される乱視は、■直乱視 ■倒乱視 ■斜乱視

■乱視を入れた矯正眼鏡
■乱視軸度による違和感