■遠視の眼

New ページ用

ピント合わせのしくみ

DSC_0040
眼の中では、レンズの役目である「水晶体」と、それを動かす筋肉「毛様体筋」がピント調節を担当しています。水晶体には弾力性があり、毛様体筋の働きによってその厚みを変えます。遠くを見るときは毛様体筋は脱力(弛緩)することで水晶体を薄くして網膜に焦点を合わせます。毛様体筋に力が入ると(緊張)水晶体は厚くなり、光の屈折が強まって網膜に焦点が合うようになります。水晶体が厚くなるのは近くのものを見るときです。


DSC_0040 DSC_0040
【軸性遠視】
遠視のほとんどは「軸性遠視」というもので、これは眼球の奥行き(眼軸)が短いことが原因で起こる遠視です。眼軸が短いことで焦点が網膜よりも後方にずれるため、眼は常に水晶体を厚くしてピントを網膜上に合わせようとしなければいけません。近くを見続ける際は更に強いピント合わせを要しますので、眼精疲労が多いのも遠視眼の特徴です。

■遠視の矯正(成人)

【小児の遠視】
生まれた時は皆、強い遠視ですが成長に伴い遠視が減少していく過程において、年齢相応以上の強い遠視が残っている場合は注意が必要です。また、ピント合わせの力(調節力)が強い子供では軽度の遠視の場合、眼の中で調節が行なわれて裸眼視力は良好なため学校検診などの視力検査では遠視を発見することが困難です。

■乳児と幼児の目~就学まで~
■子供の目