■近視の眼

New ページ用

ピント合わせのしくみ

DSC_0040
眼の中では、レンズの役目である「水晶体」と、それを動かす筋肉「毛様体筋」がピント調節を担当しています。水晶体には弾力性があり、毛様体筋の働きによってその厚みを変えます。遠くを見るときは毛様体筋は脱力(弛緩)することで水晶体を薄くして網膜に焦点を合わせます。毛様体筋に力が入ると(緊張)水晶体は厚くなり、光の屈折が強まって網膜に焦点が合うようになります。水晶体が厚くなるのは近くのものを見るときです。


DSC_0040 DSC_0040
【屈折性近視】
視力が悪くなるというのは、毛様体筋が長時間の緊張のために凝ってしまって動きが悪くなり、水晶体を薄くすることが出来ず、水晶体が厚くなったまま戻らない状態です。この状態が【屈折性近視(調節性緊張近視)】。仮性近視、(偽)近視という言い方もします。
屈折性近視では水晶体が厚いまま戻らなくなり、光が強く屈折されて網膜の手前で焦点を結んでしまいます。遠くのものがぼやけて見えるのはそのためです。

子供の屈折性近視(調節性緊張近視)は、あまり長時間近くを見ないように心掛けると治ることもありますが、放置して同じような眼に悪い生活習慣を続けると症状は悪化して本当の近視になります。

大人は、毛様体筋の緊張が長時間続きにくくなるため調節性緊張近視は起こりにくくなりますが、パソコン等で眼を酷使すると大人でも調節性緊張近視になることもあるので眼を休める必要があります。

【軸性近視 -真性近視-】
(遺伝するタイプの近視)(屈折性近視の重度化)
軸性近視は眼球の奥行きが伸び、眼球の形が球状ではなく楕円状になるのが特徴です。屈折性近視と違い、その発生・進行が成長期にある子供の眼のみに見られるのも特徴です。その後の近視の進行も身体の成長に相まっています。 

■近視の分類は、4段階

弱度 -3.00D未満
中度 –3.00D ~-6.00D未満
強度 –6.00D ~ -10.00D未満
最強度 -10.00D以上
■近視(成人)
■近視(子供)