■ブルーライトを避けましょう。

人の目で見える可視光線の中で、最も強いエネルギーを持つ光【ブルーライト】

DSC_0040
ブルーライトとは、波長が380~500nm(ナノメートル)の青色光のこと。人の目で見ることのできる光(可視光線)の中でも、もっとも波長が短くて強いエネルギーを持っており、角膜や水晶体で吸収されずに網膜まで到達します。パソコンやスマートフォンなどのLEDディスプレイやLED照明には、このブルーライトが多く含まれています。 波長が短い光(短波長)ほどエネルギーが大きく、波長が長い光(長波長)ほどエネルギーは小さくなります。

ブルーライトが目に与える影響

1.目の疲れ、眼精疲労
2.網膜を過剰に刺激することによる「視力障害」
3.体内時計を狂わせることによる   「睡眠障害」

「目の疲れ、眼精疲労」については
ブルーライトは他の色と比べて光の波が小さく細かい(短波長)ため、空中のチリやほこりによって散乱してしまいます。その影響がパソコンやテレビの画面の「ブレ」や、「チラつき」として表れるため、私達の目はピントを合わせようと一生懸命に働きます。その結果、目の筋肉や視覚を認識する脳が疲れてしまい、疲れにつながります。
DSC_0040  青色光は散乱します。
「視力障害」については
白内障手術後には透き通った色の人口レンズとなるため、ブルーライトの影響を直接的に受けやすくなり、ブルーライトによる最も代表的な障害である『黄斑変性:おうはんへんせい』が多数報告されてから、注目を浴びる様になりました。
DSC_0040
DSC_0040黄斑変性症の見え方
「睡眠障害」については
数値がはっきりしやすい視力障害とは違い、睡眠障害を始めとする健康被害については、「体内時計の乱れ」、概日リズムが狂うことです。
朝、目が覚めて太陽の光や部屋の明かりに含まれるブルーライトを浴びることで、メラトニンという睡眠を司るホルモンの分泌が抑制され「覚醒」します。脳と体が活動状態に入るわけです。逆に、身の回りのブルーライトの量が減少する夜間は、メラトニンの分泌が活発になり、脳と体は就寝状態に入るわけです。
夜間に網膜が強いブルーライトの刺激を受けると、脳は「朝だ」と判断し、私達の体が徐々に睡眠へと向かう過程を妨げる原因になってしまいます。



パソコン用にブルーライトカットレンズ

DSC_0040 DSC_0040 DSC_0040 ブルーライトカットレンズの効果は、波長が10~400nm(ナノメートル)の紫外線と、380~500nm(ナノメートル)の青色光、「紫外線」と「ブルーライト」両方をカットできるレンズです。色味が強い【染色タイプ】と、無色に近い「青色光吸収剤挟み込み方式」の【クリアタイプ】があります。当店はクリアタイプを取り扱っています。
DSC_0040 DSC_0040   近用眼鏡のレンズをブルーライトカットに。また、パソコン作業等のデスクワークに焦点を合わせた中間用として、近視の度数を弱めに合わせた眼鏡のレンズをブルーライトカットにしたりと、目が疲れないように工夫しています。


DSC_0040     丸メガネ
伝統的な日本のメガネ技術を継承するメガネの産地福井県の鯖江市の職人でも、とある地域でしか作ることができないと言われている技術で作られている【丸メガネ】。江戸時代から今日まで装飾こそ変化はしましたが、眼鏡枠本来の目的は残したままであります。医療機関や眼鏡店で検眼をする時に使用する検眼枠、たくさんサイズ違いで揃えてある事はご存知でしょうか。または人の手による検眼ではなく検査機械のみで検眼を行う場合でも、視力表を覗くレンズとレンズの間隔は瞳孔間の距離に合わせ調整されています。瞳がレンズの中心に位置した時、瞳からの上下左右斜めの距離が一定となるのが丸メガネであり、その形こそが眼鏡のルーツであり、世界中では現在でも丸メガネの状態で皆様の眼を検査しているのです。眼の知識や眼鏡技術に精通している技術者であれば誰でも「一番具合の良い眼鏡を作るには?」と聞かれれば、きっと「丸い眼鏡がいいですよ。」と答えるはずでしょう。
男性・女性問わず、この加工はできます。
店頭に陳列されている縁なしメガネを【丸メガネ】に。クラシカルで、伝統的な「丸」レンズは、レンズの中心に瞳がくるように設定し、中心から上下・左右・斜めの距離が一定となり、視力検査をする際にかける検眼枠そのもの。やや小振りの玉型にする事で、頭蓋骨の「おでこ」と「頬」との、くぼんでいる眼球がある部分と丁度同じ面積となり、正面から見た時、眼鏡をかけていないように思えるほど自然体であります。
流行にとらわれない、普遍的なデザインは過去から現在に至っても変わることがありません。見易さと掛け心地、この形こそが「眼鏡」の基本形。



 

【ITmedia ビジネスオンライン】記事

眼の専門家に聞く、LEDディスプレイから出る「ブルーライト」は何が悪い? (1/4)


5月26日、眼科医や医療分野の専門家らで設立された「ブルーライト研究会」の第1回発表が行われました。続きを読む




 

Dispersion Light Cut Lens. 「分散光カットレンズ」

Dispersion Light Cut Lens. 頭文字をとってD.L.C.レンズ と呼ばれる短波長カットのカラーレンズです。「まぶしさの軽減」が出来て「くっきり見える視界」を得る事ができます。
通常、まぶしさを取り除くには濃い色が必要になります。ですが、紫外線のページで述べたように濃い色によって暗順応という働きで瞳孔が大きくなることによって紫外線を進入させやすくなるため、過剰に濃くない色でもまぶしさを軽減できるレンズとして誕生しました。「携帯やパソコンの画面がまぶしく感じる」「メガネの度数が合っているのに、看板がぼやけて見える。」などはブルーライトが要因となります。
D.L.CレンズはUVカットと、ブルーライトカットが備わっているカラーレンズです。普段使う眼鏡、ゴルフの時に使う眼鏡、サングラス用におすすめです。カラー濃度は、10% 20% 30%です。この濃度でも充分な効果が得られます。カラー見本


色収差
色収差
レンズで集光すると、波長(色)は異なる距離で焦点を結び、変化(分散)することによって起こる色のにじみ収差。
D.L.Cレンズ
DSC_0040
青色光(短波長)をカットすると、色収差が縮み「ぼやけ」が軽減します。


DSC_0040ゴルフ用の眼鏡 DSC_0040巻きツルを取付けます。 DSC_0040ズレ落ちないgolf用の眼鏡 DSC_0040巻きツルを取付けます。 DSC_0040普段用兼、golf用の眼鏡に
DSC_0040グリーンは、空や木々の美しさを際立たせ直射日光を和らげるので、アウトドア・ゴルフなどにおすすめです。
DSC_0040普段用の眼鏡、サングラス DSC_0040屋内・屋外にも使える10% DSC_0040いつも使う眼鏡です。 DSC_0040陽射しの強い時はこの眼鏡 DSC_0040サングラスになる30%
DSC_0040グレーは、晴天時の明るさが雲がかかって少し陽が陰ったような感じで光の量を抑えてくれます。


紫外線を避けましょう。1へ