■普通免許と二種免許の眼鏡対策

DSC_0040

最も多くの人が持っている「普通=普通自動車免許」報酬を得る営業用自動車であっても荷物輸送が主の場合はこの資格で十分。人を乗せて報酬を得る業務には「二種免」と呼ばれる「旅客運転免許」が必要です。

普段、自分の運転免許証をじっくり見る事はあまりないと思います。平成19年6月2日、道路交通法の一部が改正され、従来の「普通免許」と「大型免許」の中間に「中型免許」が新設されました。これにより、それぞれの免許で運転することのできる車両総重量や乗車定員などが見直され3つに分類されます。

区分 車両総重量 最大積載量 乗車定員 受験資格
普通免許 5t未満 3t未満 10人以下 18歳以上
中型免許 5t以上
11t未満
3t以上
6.5t未満
11人以上
29人以下
20歳以上
経験2年以上
大型免許 11t以上 6.5t以上 30人以上 21歳以上
経験3年以上
免許

改正前の普通免許を持っている方が免許を更新すると、免許の種類は「中型」、免許条件欄に「中型車は中型車(8t)に限る」との表記となります。
※中型車は中型車(8t)に限るとは、
車両総重量8t未満、最大積載量5t未満 及び乗車定員10人以下に限った中型自動車を示します。
(改正前の普通免許で運転できる車の範囲と同じ)
 
改正法の施行前に普通免許を取得していた人は施行後も従来と同じ範囲内の自動車を運転することができます。免許証の変更手続きは必要ありません。
 
 

更新に必要な視力と眼鏡の対策「普通免許」

「視力適正」
両眼の視力が0.7以上。片眼がそれぞれ0.3以上あること。片眼の視力が0.3に満たない場合や片眼の視力がでない場合は、見える方の目の視野が150度以上あり視力が0.7以上あること。(二輪免許も同じ)
 
「眼鏡の対策」
裸眼視力が両眼で0.7ぎりぎりで、免許証は眼鏡使用ではないけど、夜間の運転は時々眼鏡を使うという人もかなり多いです。その場合、普段ほとんど眼鏡を使用していませんから、何年も前の眼鏡を視力検査もせずそのままお持ちではありませんか?免許更新の前は必ず視力のチェックをして必要であれば眼鏡を作り直しておいた方がいいでしょう。そして眼鏡使用で不同視の場合、装用しやすいように片眼の度数をあえて弱く合わせている事が多いので、見える方の目が0.7以上あるか、片方の目も0.3をクリアしているかを入念にチェックして下さい。必要であれば両眼が良く見える「免許更新用」の眼鏡を持つことが望ましいでしょう。片眼が矯正しても0.3に満たない方もおります。不同視の方はなるべく眼科で視野検査、視力検査を受けて日常使う眼鏡と免許更新時の眼鏡対策の相談をして下さい。

 
 

更新に必要な視力と眼鏡の対策「二種免許」

「二種免許とは・・」
普通免許で運転できる車を営業目的で運転するために必要な免許です。タクシードライバーや介護車両でお年寄りの送迎などをする福祉業務の方や運転代行業の方。

「視力適性」  両眼で0.8以上あり、片眼がそれぞれ0.5以上あること。
 
「深視力」(奥行き検査)2本の棒の中間を別の棒が前後に移動し、3本の棒が横に一直線になった時に合図する検査です。2.5メートルの距離で3回行い平均誤差が2センチ以下ならば合格です。この深視力検査をクリアできなければ二種免許証は返納しなければなりません。
  

深視力検査イメージ

「眼鏡の対策」
普通免許よりも高度な視力と遠近感が求められ、大型免許や中型(限定なし)免許も同条件です。まず大事なことは、「遠近感」。これについては左右が同じ程度の視力を維持できているか、つまり、右目)1.2  左目)0.4というように、普通免許では合格ですが、二種免許の場合は左右の目で見たときの距離感覚が重要になり深視力検査もあるため、右目)0.9  左目)0.9の方が適性試験は合格します。片眼に乱視等で左右の度数差がある方は必ず更新前に視力検査をして必要であれば眼鏡を作り替えて下さい。そして不同視の場合、日常使いやすく調整した眼鏡とは別に「免許更新用」として、左右の視力をそろえた眼鏡を持つことをおすすめします。検査当日に不合格となり、後日再検査となるケースが少なくありません。

大型免許と普通免許を持っている人の眼鏡
視覚機能検査が必要な職業「航空」と「鉄道」