緑内障の1.2.3

緑内障は、「眼圧(眼の内圧)が高い」ことが原因で、「視神経が圧迫されて壊死(視神経乳頭が圧迫される)」し、その結果として「視野が欠損(見える範囲が狭くなる)」していく病気です。この視神経に影響がでる眼圧には個人差があり、正常値とされているよりも高い眼圧だが、その人にとっては問題なく単なる高眼圧。一方で、一般に正常値とされている低い眼圧だが、その人にとっては高すぎて視神経に影響がでる「正常眼圧緑内障」もあります。

 

緑内障の検査
1.「眼底検査」= 眼底の視神経乳頭の陥凹を調べます。
2.「眼圧検査」= 眼球内の圧力を調べます。
3.「視野検査」= 片眼ずつ見える範囲を調べます。


1.視神経 乳頭 陥凹(かんおう)拡大


 

■視神経乳頭(ししんけいにゅうとう)とは、眼底写真で白い円として写るところです。

DSC_0040


分割してご説明しますと、

DSC_0040 眼球は、視神経で脳とつながっています。網膜に写った光は、そこにある視細胞という細胞で電気信号に変換されて神経線維を通って脳へと運ばれます。その神経線維が束になった1本の太い電線ケーブルが視神経です。


DSC_0040 乳頭とは、眼球と視神経のつなぎ目です。ここには映像を作る機能(網膜)はありません。視野検査では、誰もが持っている見えない部分「マリオット盲点」として表示されます。


DSC_0040 「陥凹(かんおう)=へこみ」視神経乳頭の中心にはへこみがあり、ここが視神経や血管の出入り口です。視神経乳頭の陥凹が大きくなる(拡大する)ことです。



 


2.眼圧について

眼圧=目の硬さ

空気を吹き付け、その時の角膜のへこみ具合によって目の硬さを測定します。正常値は20mmHg以下。眼圧は1日の中でも変動します。




■ボールに例えると、ボールは空気で硬さを調節します。眼球は、「房水(ぼうすい)」という目の中で循環する液体が一定の圧力を眼内に発生させて眼球の形状を保ちます。
この、「房水(ぼうすい)」の循環が悪くなると圧力が上がっていきます。ボールに例えると空気をたくさん詰めすぎた状態です。圧力が上がると視神経乳頭を圧迫し、神経線維を壊死させ、神経線維の数が減るため視神経乳頭の「陥凹(かんおう)=へこみ」が大きくなる症状が、視神経乳頭陥凹(かんおう)拡大です。その結果として、視野が欠損していく病気です。神経線維の数が減る代表的な病気が緑内障です。

DSC_0040
「房水(ぼうすい)」の循環


DSC_0040
眼圧の上昇



3.視野ついて

「視野」=見える範囲

物を見ている時は、視線を合わせているところだけでなく、その周囲も見えています。この範囲を「視野」といいます。


DSC_0040 ■片眼の視野は、上方に60度、下方に75度、鼻側に60度、耳側に100度という広い視野を持っています。普段私達は、両目を使って見ているために片方の目に見えない部分があっても、もう片方の目がカバーしてしまうため視野の異常に気づかないことが多いのです。そして、片方の目を隠さないと視野に異常があるかどうかわかりません。


視野検査はどのような検査?

DSC_0040 ■顔を固定して、中心のマークを見つめ、周辺に出現する小さな光が見えたら手に持ったブザーを鳴らす検査で、片目ずつ行います。


視野検査の結果例です。

DSC_0040 DSC_0040
正常な視野(右眼の視野検査) 視野欠損(右眼の視野検査)