■40代女性 直乱視 「遠近両用眼鏡」

40代女性 直乱視 「遠近両用眼鏡」

角膜には縦と横のカーブがあってこれを主経線と言いますが、縦方向も横方向も均等カーブ(主経線)である角膜には乱視が発生しません。「縦(垂直)」「横(水平)」「斜め」いずれかの方向がきついカーブとなり、その反対側が緩いカーブになると角膜は均等ではなく歪みが発生した状態になって、角膜を通過した光には2つの焦点結像が現れて乱視という状態になります。

小学生の頃には眼球が小さいため網膜の後方で2つの焦点が結像される遠視性複乱視の眼鏡を使っていても、成人の頃には遠視(凸)から近視(凹)に移行して行き、完全に遠視はなくなって今度は網膜よりも手前で2つの焦点が結像する近視性単乱視の眼鏡を使うように変化しています。
遠視や近視は成長過程で大きく変化して行きますが、乱視は大人になっても幼い頃とさほど変わらず大きな変化はありません。

眼の水晶体は20代や30代の頃よりも硬化してくるため、手元の文字がにじんでピントがはっきりしなくなると、調節力が減退し始めてきたため、遠くを見るための遠用度数で見るのではなく、近くに合った度数で見られるように遠近両用レンズを使用します。

DSC_0040 DSC_0040

眼鏡度数

【右】sph-0.50D cyl-1.50D Ax180°
ADD1.00
【左】sph±0.00D cyl-1.50D Ax180°
ADD1.00
遠近両用レンズは、フレームをかけた時の「眼の位置」と近用部分が途切れないようにフレーム上下丈に注意。
■遠近両用レンズアイポイントの重要性
 process 
DSC_0040 DSC_0040 DSC_0040
角膜は垂直方向が強い屈折で水平方向が弱い屈折の直乱視という構造です。 【ADD=アディション=加える】という意味。近方を年齢別に失われた調節力分を補足した度数で見るようにするためです。 完成品


ログイン