■50代女性 「短波長カット眼鏡」

50代女性 「短波長カット眼鏡」

光の波が小さくて細かいのが「短波長」。波長が短い光ほどエネルギーが大きくなり、波長が長い光ほどエネルギーは小さくなります。眼に悪影響を与えるのは紫外線も含む380~500nm(ナノメートル)の短い波長です。
レンズを通して眼に入って来る「赤」・「緑」・「青」の波長(色)は異なる距離で焦点を結び、分散することによって「色のにじみ」や「ぼやけ」が起こりますが、紫外線も含む380~500nm(ナノメートル)の短い波長(紫・青)をカットすることで「にじみ」「ぼやけ」が減り、くっきりと見えるようになります。

■濃いカラーレンズに注意!
【暗順応 あんじゅんのう】という働きが起こります。
暗いところでは、少ない光をできるだけ効率良く取り込めるよう「瞳孔が開き」、 同時に網膜にある「光を感じる細胞」の物質が増えることによって、よりよく見えるようにする現象。
■瞳が大きくなることで紫外線等が余計に入りやすくなってしまいます。

DSC_0040 DSC_0040

眼鏡度数

【右】sph±0.00D
【左】sph±0.00D
眼に有害な光線を避けましょう。
■紫外線を避けましょう。
 process 
DSC_0040 DSC_0040 DSC_0040
紫外線も含む380~500nm(ナノメートル)の短い波長(紫・青)をカットすることで「にじみ」「ぼやけ」が減ります。 一般的なサングラスカラー用とは区別されたレンズになります。短波長カットDLCレンズ 完成品【DLCグレー30%】


ログイン