■50代女性 近視性乱視(弱度) 「遠用・近用眼鏡」

50代女性 近視性乱視(弱度) 「遠用・近用眼鏡」

遠方※右利き
【右】(1.2×sph-0.25D)
【左】(1.2×sph-1.00D cyl-0.50D Ax90°)
【左】(1.2×sph-1.25D)←※等価球面値

眼鏡処方※右眼優位に
【右】(1.2×sph-0.25D)
【左】(1.0×sph-1.00D)

近方※左利き
【右】(0.8×sph+2.25D)
【左】(0.8×sph+1.50D)

眼鏡処方※左眼優位に
【右】(0.7×sph+2.00D)
【左】(0.8×sph+1.50D)

遠用度数に乱視を入れると違和感が出る人もいます。※等価球面と言い、乱視(cyl)の半分の度数を近視(sph)に足して左右同じパワーにしてから利き目が優位となるように調整。

近用度数は近視の強い左眼を自然と「主」として使っていますので、主ではない右眼は主である左眼を追い越さない一歩手前の視力に留めておくと自然なバランスが保てます。

「近視があれば老眼は要らない」と言われる眼は、ある程度の強い近視の人のことです。弱い度数の近眼は、遠方は凹レンズが必要で、近方は凸レンズが必要という眼。マイナス符号からプラス符号に変化する遠近両用レンズは慣れにくいと言えるでしょう。どうしても必要である人以外は勧めません。
弱度の近眼でも、左右の度数に差がある眼は、手元の文字を見た時の各眼でのピントが合う距離にも違いが出ます。遠くが見える方の眼は近くが見づらく、遠くが見づらい方の眼は近くが見やすくなっており、両眼いっしょに近くを見ていると見やすい方の眼に頼っていますので、眼鏡をかけると両眼が同じように見えるので楽になります。

DSC_0040 DSC_0040

眼鏡度数

遠用
【右】(1.2×sph-0.25D)
【左】(1.0×sph-1.00D)
近用
【右】(0.7×sph+2.00D)
【左】(0.8×sph+1.50D)
ほとんど度数が変化しない20代30代を除いた年齢では、先々の度数変化を考えて眼鏡を合わせる必要があります。
■近視の矯正(一般成人)
 process 
DSC_0040 DSC_0040 DSC_0040
「見本染色」今までお使いのカラーレンズを参考にし、染色しました。 完成品「遠用眼鏡」 完成品「近用眼鏡」


ログイン